初めての脱毛サロンどうする?回数の目安、事前/当日の準備、服装

脱毛サロンの疑問

脱毛回数の目安

脱毛の回数はどれくらい必要なのか?

それが分からないと脱毛サロンと契約する際も何回で契約すればよいか、分からないですよね。

花

ここでは実際に脱毛サロンで脱毛した人の口コミなどから、おおまかな脱毛回数の目安をお教えします。

なお毛量や毛質など個人差がありますので、以下に記載した脱毛回数は、あくまでも「目安」「ご参考」です。

ご注意ください。

 

脱毛回数は部位ごとに異なる

身体のあちこちのムダ毛は、部位によって毛周期が違います。

つまり毛の伸びるスピードが部位によって少しずつ違いますので、脱毛に必要な回数も、部位によって微妙に異なってきます。

 

ひざ下の脱毛回数

ひざ下の脱毛回数は、このサイトのトップページにも記載しましたように、おおむね8~10回です。

ひざ下

1回脱毛すれば、ある程度の効果を感じられますが、6回ほど行うとムダ毛の生える量やスピードなど明確な効果を感じることが多いようです。

そして施術も10回を超えると、ほとんどの人がお手入れが不要になります。

 

背中の脱毛回数

背中のムダ毛の毛周期は手足などの部位とほぼ同じです。

6回ぐらいで効果を感じる方が増えてきて、10回を超えると、ほとんどお手入れ不要となります。

 

両ワキの脱毛回数

女性

どの脱毛サロンも両ワキ脱毛のメニューは充実しています。

わき毛は毛周期が短めで脱毛回数もやや多くなりがちですが、それでも10~14回程度で、ほとんどお手入れが不要になります。

 

ミュゼの場合は、毎月のキャンペーンに設定される格安な美容脱毛完了コース(回数無制限)がありますので、安心して脱毛を進められますね。

 

顔の脱毛回数

顔のムダ毛は産毛が多く毛周期が短いため、他の部位よりも脱毛回数も多くなりがちです。

およそ12~15回程度で、ほとんどお手入れが不要になります。

顔

 

VIOの脱毛回数

デリケートゾーンも手や足などに比べて毛周期が短く、また毛の密度も高いため脱毛の回数も多めになりがちです。

お手入れが不要になるまでの、おおよその目安は下のような感じです。

  • Vライン 12~15回
  • Iライン 18~20回
  • Oライン 12~15回

Vラインについては、ミュゼの場合は、毎月のキャンペーンに設定される格安な美容脱毛完了コース(回数無制限)がありますので、安心して脱毛を進められますね。

 

今ならキャンペーン中!
無料カウンセリングだけでもOK!
↓ ↓  ↓ ↓
今月のキャンペーンはこちら

 

毛周期ってナニ?

どこの脱毛サロンやクリニックに行っても、必ず聞くコトバ“毛周期”。

結局、コレいったいなんなんでしょう?

 

毛周期とは

毛周期とは、カンタンに言えば、毛が成長する周期のことです。

そして、人間の全身の体毛には「毛周期」があります。

これは大きくは3つに分かれていて、毛が成長する「成長期」、成長が止まり抜け落ちる「退行期」、発毛を停止している「休止期」があります。

脱毛は、毛の成長する「成長期」に行うのが最も効果があると言われています。

 

なお毛周期は、個人差や年齢差があり、身体の部位によっても違いがあります。

しかし、例えば、一度抜けた眉毛やまつ毛が新たに毛穴から生え替わるまでには、概ね2ヶ月、手や足の毛は、おおむね約3~5ヶ月、髪の毛などは数年の期間が必要と言われています。

 

毛周期に合わせて脱毛

脱毛は、各部位の毛周期に合わせて合わせて行うことになりますので、部位によって脱毛の処理回数が変わってきます。

どんな脱毛方法でも、1回の脱毛だけでムダ毛がすべてなくなるということはなく、毛周期を無視して脱毛を行っても、効率が悪く、さらに皮膚の負担も大きくなります。

ミュゼでは、個人ごとの毛周期に合わせて脱毛を行うことができます。

平均的には、2~3ヶ月一度の脱毛(お手入れ)を繰り返し、5~6回ほどの来店で、次第に毛が細くなって目立たなくなるようです。。

 

 

今ならキャンペーン中!
無料カウンセリングだけでもOK!
↓ ↓  ↓ ↓
今月のキャンペーンはこちら

 

ワキ脱毛は におい予防にも効果的

ワキの「におい」に悩んでいる女性は多いと思います。

とくに暑い季節になって汗をかくようになると、とても気になります。

ワキ脱毛は、どこの脱毛サロンでも人気メニューのひとつですが、ワキ脱毛は、見た目の効果はもちろん、清潔さを保つことができるようになるので、においを抑えて軽減する効果もあります。

 

ワキの「におい」の原因

汗をかいて、そのままにしておくと、雑菌が増えて、においが発生します。

汗は、エクリン腺と、アポクリン腺という2つの汗腺から分泌されますが、エクリン腺から出る汗は、汗に含まれるわずかな塩分によって雑菌を抑えられるので、臭いません。

しかし、アポクリン腺から出る汗は、タンパク質や脂質を含んでいるため、雑菌の元となり、雑菌が繁殖して強い「におい」が発生。これがワキの「におい」の原因です。

ご存知のように、ワキの下は通気性が悪く、他の部位に比べて湿度が高くなりがちです。

さらに、ワキには、においの原因の雑菌が増殖しやすいアポクリン腺が多いのです。

そして、ワキに毛があることで汗が蒸発しにくくなり、雑菌が繁殖しやすくなっているのです。

つまり、きちんとワキ汗対策をしていないと、ワキガ体質でない人でも、誰でも、においが強くなるのです。

ワキの「におい」対策

まず、汗をかいたらこまめに拭きとって清潔にしておくことで、においを発生させないことが大切です。

さらに最近では、一時的な対処として、外出の際のデオドラントスプレー、汗を吸収する市販のワキ汗パットなどもあります。

しかし、いずれにしても、汗腺が多いワキは、汗をかきやすく、ニオイの原因を作る雑菌の温床になりやすいです。

よって上に書いた一時的な対処だけでなく、雑菌が繁殖しやすいワキの毛を無くす(ワキ脱毛する)ことは、かなり有効な、におい対策になるのです。

 

 

今ならキャンペーン中!
無料カウンセリングだけでもOK!
↓ ↓  ↓ ↓
今月のキャンペーンはこちら

 

脱毛サロンに行く日の注意点

脱毛サロンを契約し、いざ初めての施術日。

何を準備したらいいのかと不安になりませんか?

サロンに行く前に、しておくべきことや注意することを3つお伝えします。

1.脱毛法によって異なる、事前のムダ毛処理

サロンでの脱毛法には大きく分けて二種類あります。

毛穴に特殊な光を当てて毛を弱く細くする「光脱毛」と毛穴に針を潜らせ、電気を流し、毛の養分を作る組織を焼き切る「針脱毛」です。

光脱毛の場合、サロンの前日に、カミソリでムダ毛を処理しておきます。

毛が伸びていると、ピンポイントに毛穴に光が届かないのです。

また、この光は毛の色、つまり「黒い部分」に反応するので、毛抜きの処理はNGです。

そして針脱毛の場合は、1週間ほど前から毛を伸ばしておく必要があります。施術の際に、毛をつまむ必要があるからです。

 

2.当日は素肌で行きましょう

顔の脱毛の場合、光脱毛も針脱毛も、メイクはしないでおきましょう。
光脱毛は、肌を光から保護する意味でジェルを塗るのですが、メイクをするとジェルが滑り落ちてしまい、施術がスムーズにいかないのです。
また、ファンデーションやチークが毛穴をふさいでしまい、光が毛穴に反応しづらくなり、効果も薄れてしまいます。
針脱毛の場合も、施術前に消毒ガーゼで肌を拭かれるので、メイクもその時に落ちてしまいます。
サロンにはパウダールームもあるので、メイクは施術後に行いましょう。

3.脱ぎ着しやすい服で行きましょう

脱毛箇所によりますが、身体の脱毛はほとんど服を脱ぐことになります。
顔だけ、ひざ下だけ、ひじ下だけなどであれば、服を着たまま受けられます。もちろん、キャミソールなどもOK。
施術後は冷却ジェルで肌を保湿されるので、ストッキングなどは履きづらくなります。気をつけましょう。
バスローブやガウンなどはないことも多いです。施術中にお手洗いに行きたくなった時は、自分の服を再び切ることになります。
すっぽりかぶれるワンピースなどがオススメです。
以上のことをふまえて、サロンではスムーズで快適な時間を過ごしてくださいね。

今ならキャンペーン中!
無料カウンセリングだけでもOK!
↓ ↓  ↓ ↓
今月のキャンペーンはこちら

コメント